「ごめんね…わたし先生の赤ちゃん産んであげたいの」同じ大学に通う沙依は僕の大切な恋人だ。彼女と校内のカフェテリアで過ごす時間が、僕には何ものにも代え難い宝物だった。けれどその裏側で、彼女が大学教授に無理やり処女を奪われていたなんて。その小柄な身体を玩具のように弄ばれ僕には見せたことのないメス顔を晒していたなんて!やがて彼女も教授の逞しい腕に抱かれることを望むようになっていたなんて…僕は知るよしもなかった。これはそんな女子大生と教授と、そして傍観者に過ぎない僕のありがちな話だ。

【DMMコミック】同人:女子大生と教授(と僕)のありがちなNEW01 SP/PC-SEO
女子大生と教授(と僕)のありがちな 詳細はこちら
コメント
コメントする